Event is FINISHED

第一回 宮城ワーケーションサミットin秋保

Description

第一回 宮城ワーケーションサミット
~宮城をワーケーションのトップランナーへ!~



記念すべき第一回例会を宮城ワーケーションサミットと命名し、
2020年11月24日(火)に仙台市にある秋保温泉にて開催いたします。
当日は豪華ゲストと共にパネルディスカッションを行います。

現在、ワーケーションというパワーワードが日本を席巻しており、
この状況は2010年後半のインバウンドという言葉が流行った状況と似ています。
今後、その時と同じように国内のあらゆるところで、
ワーケーションを巡る地域間競争が起きてくるでしょう。
その時、宮城県は選ばれるでしょうか。
そのためにはワーケーションの本質をしっかりと見極める必要があります。
我々、宮城ワーケーション協議会では、
ワーク×バケーションといった労働生産性・経済効果だけを狙うものではなく、
地域住民とワーケーションに訪れた人々の接点を作り、
協業、協創を生み出す仕組み通じて、低ストレスの中で、
人々が精神的に豊かになることを目指します。
そんなわくわくする社会変革をこの宮城から起こす。
そのためには、県内外の多くの方々の力が必要です。
我々にできること、みえることは限られています。
だからこそ、宮城の将来をワーケーションという切り口で、
議論し、考え、動く組織、宮城ワーケーション協議会を設立しました。
限られたリソースの中で運営しているため、
不手際があるかもしれませんが、宮城県を、
そして東北をより良い地域にするという熱い思いは誰にも負けません。
是非多くの皆様のご参加をお待ちしています。

第一回例会は以下をテーマとして
インプット・ディスカッションしてまいりたいと思います。

・そもそもワーケーションとは何か?
・なぜ宮城県をワーケーションNo.1の地にしたいのか?
・なぜワーケーションという考え方が必要なのか?
・ワーケーションに対応するための受け入れ環境整備は?
・東京にある企業にとってのワーケーションの印象は?
・受け入れ・送り元双方向でDX対応・IT環境整備についてできているか?
・宮城県×ワーケーションの武器とは何か?
・日本全国ワーケーション競争に勝ち抜くためには?

新型コロナウィルスによる観光産業への影響は多分にあり、
Go To キャンペーン等で徐々に回復傾向にあるものの、
これも一過性であることは間違いなく、
近い将来やってくるAfterコロナを真剣に考える必要があると思います。
関係業界がワンチームとなり、
その礎を共に創ってまいりましょう!

手弁当な組織・イベントとなりますゆえ、
皆様のご協力が不可欠でございます。
会員間のネットワーキングディナー(意見交換会)も行います。
共に宮城県のワーケーションを盛り上げましょう!

日時:2020年11月24日 (火) 16:00 - 20:00
場所:秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘
参加費用:7,000円(会場コスト・食事コスト含む)※互助会のため割り勘となります。
参加条件:協議会員であること(会員各種)へのご登録
アジェンダ:第1部記念例会(会議)・第2部情報交換会(ディナー)

当日のスケジュール:
15時30分:開場
16時00分~20分: 開会のごあいさつ/幹事紹介/共同代表からワーケーションについて整理
16時20分~17時10分:パネルディスカッション1
 ★テーマ:宮城が日本のワーケーションをリードする条件
17時10分~18時: パネルディスカッション2
 ★テーマ:首都圏・都市圏から宮城県が選ばれるためには何が必要か!?
18時5分~ 意見交換会(ネットワーキングイベント)

登壇予定者
齊藤 良太(共同代表・宮城インバウンドDMO 代表理事)
櫻井 亮太郎(共同代表・株式会社ライフブリッジ 代表取締役)
相澤 国弘(株式会社 Nコーポレーション 取締役 開発事業本部長 兼 蔵王事務所長)
猪股 洋文(幹事・加美町長)
佐藤 勘三郎(幹事・宮城県ホテル旅館生活衛生同業組合 理事長)
千葉 隆政(幹事・宮城県 経済商工観光部長)
吾郷 克洋(株式会社エンライズコーポレーション 代表取締役)
佐々木 文人(株式会社ノットワールド 代表取締役)
滝澤 正宏(幹事・東日本電信電話株式会社 取締役 宮城事業部長)
西坂 勇人(幹事・GCストーリー株式会社 代表取締役)

登壇者のプロフィール:

櫻井 亮太郎
宮城ワーケーション協議会 共同代表
株式会社ライフブリッジ 代表取締役社長
内閣府クールジャパン地域プロデューサー

2006年に故郷仙台で株式会社ライフブリッジを設立。語学への不安を払拭し、学んだその日から売上アップに繋がる独自開発の『カタカナ接客英語』、登録者185万人を超えるYouTubeチャンネルを通して地域の魅力を世界に伝える『インバウンドプロモーション』、従来の翻訳に編集というひと手間を加えた、外国人観光客が買いたくなる『編訳』等、地域経済の活性化を目指し「故郷に戻りたい時に、戻ることができる地域づくり」に取り組んでいる。今年5月に蔵王で自らワーケーションを試みたことで、ワーケーションに適した宮城県の魅力と地域経済への効果に確信を持ち、宮城ワーケーション協議会を共同設立する。


齊藤 良太
宮城ワーケーション協議会 共同代表
一般社団法人宮城インバウンドDMO 代表理事
株式会社VISIT東北 代表取締役

米サンフランシスコ州立大を卒業後、富士通株式会社、日本マイクロソフト株式会社にて約10年従事するも、2011年の東日本大震災を機に出身地東北で起業を決意。2016年には東北のインバウンドを担う㈱VISIT東北を設立。翌年以降も、宮城県南4市9町の観光マネジメント法人や宮城県丸森町の産業活性化法人を設立する。さらに今年9月には、宮城ワーケーション協議会共同代表としてワーケーションを推進するため同会を設立するなど、東北の地域活性に多面的に取り組み続けている。


相澤 国弘
(株)Nコーポレーション 取締役 開発事業本部長
(株)ガイア CEO 取締役会長                
医療法人社団リラの会 理事 
蔵王農泊振興協議会 会長
みやぎ蔵王別荘協議会 事務局長

農村を守りながら、高齢者も若者も障害のある者もない者も、誰しもが安心して暮らせるまちづくりを目指し、持続可能な地域社会の構築を目指しています。



猪股 洋文
宮城ワーケーション協議会 幹事
加美町長

The University of Utah Political scienceを卒業、宮城県職員(その間2年8ケ月、韓国ソウル市駐在)、デイサービスくれよん代表を経て、2011年より加美町長に就任し、「善意と資源とお金が循環する、人と自然に優しい町」を目指し活動中。


佐藤 勘三郎
宮城ワーケーション協議会 幹事
宮城県ホテル旅館生活衛生同業組合 理事長
株式会社 ホテル佐勘 代表取締役

東北学院大学経済学部卒業。昭和61年4月社団法人日本能率協会入職。昭和63年4月株式会社ホテル佐勘入社。平成2年2月株式会社ホテル佐勘専務取締役就任。平成17年8月株式会社ホテル佐勘代表取締役社長就任、同時に氏名を佐藤善也から佐藤勘三郎に変更(襲名)現在に至る。


千葉 隆政
宮城ワーケーション協議会 幹事
宮城県 経済商工観光部長

昭和37年生まれ。昭和60年早稲田大学商学部卒業後宮城県へ入庁。平成9年米国デラウェア大学大学院修士課程修了。平成22年経済商工観光部海外ビジネス支援室長。平成24年震災復興・企画部震災復興政策課長。平成27年気仙沼保険福祉事務所長。平成28年保健福祉部次長。平成30年大河原地方振興事務所長。令和2年現職。


吾郷 克洋
株式会社エンライズコーポレーション 代表取締役グループCEO

1975年、広島県生まれ。大学を卒業後、東京のベンチャー企業に営業職として入社。担当チームを全国1位の業績に押し上げるなどの高実績を残す。2001年にIT系ベンチャー企業の立ち上げに携わり、社長兼COOを務める。2012年にITインフラサービスに特化した株式会社エンライズコーポレーションを設立、代表取締役CEOに就任した。設立から5年間で国内5拠点(札幌、仙台、大阪、広島、福岡)と海外拠点(シリコンバレー)にもサテライトオフィスを設け、積極的な採用と販路を拡大することで、2014年からは「ベストベンチャー100」に毎年選出、2018年には「アジア成長企業1000社」にも選ばれる。共に働く人財の「採用」「育成」を重要視し、新規事業のチャレンジなど、人と事業の成長に力を注いでいる。2018年 仙台に東北最大級のコワーキングスペースenspaceを設立。


佐々木 文人
株式会社ノットワールド 代表取締役

宮城県と山口県出身の両親の元、愛媛県松山市に生まれ、神奈川県横浜市で育つ。駒場東邦中・高等学校、東京大学経済学部卒業。
株式会社損害保険ジャパンを経て、ボストン・コンサルティング・グループへ。4年間の在職中に、営業生産性向上・組織改革・新規事業開発のプロジェクトに従事。企業の売上拡大・業務効率化に貢献。結婚後退職し、1年間の世界一周新婚旅行を経て起業。通訳案内士。総合旅行業務取扱管理者。世界一周は、インド・ネパール・オーストラリア・北中南米・ヨーロッパ・中東等36か国・地域を周遊。

滝澤 正宏
宮城ワーケーション協議会 幹事
東日本電信電話株式会社 取締役 宮城事業部長
株式会社NTT東日本 ー 東北 代表取締役社長

昭和40年生まれ。平成元年日本電信電話株式会社入社。平成19年東日本電信電話株式会社コンシューマ事業推進本部ブロードバンドサービス部担当部長。令和元年経営企画部営業戦略室長。令和2年現職。


西坂 勇人
宮城ワーケーション協議会 幹事
GCストーリー株式会社 代表取締役

1971年大分県生まれ仙台育ち。95年宮城教育大学卒業。97年テクノアート株式会社入社。2000年有限会社リスペクト設立。2005年gCストーリー(旧:サイベイト株式会社)を設立。「自分は何をやりたいのか」「日本の企業がどうならなくてはいけないのか」「東北の企業がどうなるのか」について考える日々。「人間とは何だろう」と常に追求しながら、世界的なビジネスの動き、社会課題、スピリチュアルな話まで多様な視点で世界を捉え、エッセンスを取り入れる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【注意事項】

▼新型コロナウィルス対策について
会場ではマスクの着用をお願い申し上げます。
ご自宅にて出発前に検温をお願い申し上げます。
37.5度以上の方は入場をお断りいたしますので、予めご了承ください。
会場入場前にアルコールにて手の消毒をお願いいたします。

▼キャンセルポリシー
一度お申込み・お支払いいただいた方は、キャンセルができませんのでご了承ください。

▼新型コロナウィルスによるイベントキャンセルリスクについて
行政(宮城県・仙台市)・及び会場提供会社の方針・指導に合わせて開催キャンセルを検討します。
その場合もお支払いいただいた料金の返金は致しかねますが、
次回以降の例会出席に置き換えさせていただきます。
その旨ご了解いただきお申込みいただければ幸いです。

▼交通関連のお手配
交通費は参加費に含まれておりませんので、各自手配をお願いいたします。

▼宿泊のお手配
別途個別に手配をお願い申し上げます。
本会議における宿泊先の参考として、
本会会員施設をご紹介させていただきます。
Go to キャンペーンの活用が可能だと思いますので、
宿泊が必要な方は以下ご参考に宿泊手配を進めていただければ幸いです。

① 篝火の湯 緑水亭(RYOKUSUITEI)
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元上原27
TEL:022-397-3333(受付時間9時~19時)
FAX:022-397-3331 
http://www.ryokusuitei.co.jp/

② 奥州 秋保温泉 蘭亭
〒982-0241仙台市太白区秋保町湯元字木戸保7-1
TEL022-397-1515(受付時間8:30~20:30)
FAX022-397-1513 
https://www.akiu-rantei.com/

③ KYOU BAR LOUNGE & INN
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字鹿乙4
TEL:022-397-3261
FAX:022-397-3262 
https://www.sendai-akiu.com/

※その他「秋保温泉旅館組合」のHPもご参照ください。
http://akiuonsenkumiai.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お問合せ窓口】
当団体は任意団体(ボランティア運営)となっております。
行き届かない点ご配慮いただければ幸いです。
お問い合わせはメールinfo@miyagiwa.orgへお願いいたします。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#828852 2020-11-19 11:03:29
More updates
Tue Nov 24, 2020
4:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
会費(会場費、懇親会費含む) SOLD OUT ¥6,000
会費(会場費、懇親会費含む) SOLD OUT ¥7,000
Venue Address
仙台市太白区秋保町湯元 Japan
Organizer
宮城ワーケーション協議会
48 Followers

[PR] Recommended information